大腸内視鏡検査

検査前のストレスを少しでも軽くするために。
大腸内視鏡検査専用の個室をご用意しています。

大腸がんは近年、日本でも、食生活の欧米化などの影響から増加傾向にあります。がんの種類別で見ても、大腸がんによる死亡数は男性で第3位、女性では第1位となっています。

しかし、大腸がんは早期発見・早期治療で完治できるケースが多いことも事実です。お尻から内視鏡を挿入する大腸内視鏡検査は、便をすべて出す前処置が大変で、検査に抵抗がある方も多いようですが、便に異常がある方は特に、大腸がんの早期発見のためにぜひ受けていただきたい検査です。

大腸内視鏡検査はこんな方におすすめ

便秘や下痢の症状がある
血便が出た
便が細くなった
健診で便潜血反応が陽性だった
大腸がん・大腸ポリープにかかった血縁者がいる
前に大腸ポリープと診断され2年以上経つ

当院の大腸内視鏡検査の特徴

1.専用トイレ付きの個室を完備

大腸内視鏡検査は、前日からの食事調整に加え、当日も朝食・昼食が取れないばかりか、洗腸液を約2リットル飲んだあとに何度もトイレに通って便をすべて出してから行う大変な検査です。

ほかの方の視線が気になる、あるいはほかの人が使ったばかりのトイレは使いたくないといった方も多くいらっしゃることから、当院では、下剤を飲むためのトイレ付き専用個室を3部屋ご用意しました。また、検査室も完全な個室で行うため、検査を受ける方が、スタッフ以外の第三者の目に触れることはありません。

2.二酸化炭素でお腹の膨満感を軽減

大腸内視鏡検査では通常、腸に空気を送り込んで腸を伸ばしながら観察していきます。
これは検査の精度を上げるために必要なことですが、この空気がお腹をパンパンにして検査後の腹痛や腹部膨満感などの不快の原因になることがあります。
当院では、空気に比べてすぐに体内に吸収される二酸化炭素を腸内へ送る装置を導入し、検査後の苦痛を軽減する配慮をしています。

3.痛みの少ない軸保持短縮法を採用

当院では、大腸内視鏡検査を「軸保持短縮法」という方法で行っております。従来の検査に比べ、カメラを押し込んで無理に大腸を伸ばしたりしないため、苦痛が少ないのが特徴です。それでも苦しいと感じられた方は、大腸内視鏡検査は検査中でも会話ができますので、検査の途中からでも麻酔使用に切り替えることもできます。

4.ご希望により麻酔の使用も可能です

通常、大腸内視鏡検査は意識がある状態で行いますが、当院ではご希望により、胃内視鏡検査と同じく、徹底した安全管理のもと、麻酔で眠っている間に大腸内視鏡検査を行うこともできます。

院長からひとこと

胃カメラも大腸カメラも完璧ではありません。たとえ一度「異常なし」と言われても、数年後もしくは数カ月後にがんが発生する可能性があります。

早期発見・早期治療を目標にするには定期的な検査が必要です。当院では大腸内視鏡検査に関しても、胃内視鏡検査と同様、苦痛のない安全な検査を行い、「またうけてもいい」と思っていただくことを理想に最大限の工夫を取り入れています。

大腸内視鏡検査の流れ

1外来受診

一度外来を受診していただき、診察を受けていただいた上で検査日を決定し、検査の説明をいたします。

矢印

2検査前日

お腹を空っぽにしておく必要があるため、検査前日は消化のよい食事をとってください。便秘などの症状がある方には前々日から軽い下剤を飲んでいただいたり、検査食を購入したりすることもできます。就寝前には、下剤を飲んでいただきます。

矢印

3検査当日

食事、は禁止です。朝食は食べずに、指定された時間にご来院ください。水やお茶などの水分は問題ありません。また指定された常用薬は内服してください。
専用の個室で2時間ほどかけて数回に分けて、計2リットル程度の下剤を飲んでいただきます。何度かトイレに通うと、液体のような水様便になります。

矢印

4検査

お尻から内視鏡を挿入して検査を行います。検査時間は個人差がありますが、大体15分前後です。検査前に意思確認をしておくことで、検査中にポリープを発見した場合、その場で切除することも可能です。

矢印

5検査終了

終了後は30分程度ベッドで安静にしていただきます。麻酔から覚め、意識がはっきりしてきたら検査着から着替え、身支度をします。

矢印

6検査結果説明

撮影した画面をご覧いただき、検査の結果をご説明します。組織採取を行った場合には、検査結果説明は後日となることもあります。

大腸内視鏡検査の費用

約6,000円程度(3割負担の場合)
ポリープを切除する場合は
約16,000円程度(3割負担の場合)

内視鏡システムおよび関連機器

当院では、画質がよく、また患者さまに苦痛が少ない最新式の内視鏡システムを導入しております。

内視鏡システム 富士フィルム製「LASEREO(レザリオ)」

波長の異なる2種のレーザーを搭載することで、食道や胃、十二指腸の表面の血管や構造をより鮮明に映し出し、がんなどの病変部の早期発見に威力を発揮します。

生体情報モニター

内視鏡検査中に常に心拍数や血圧、血液酸素飽和度、呼吸数を監視観測するモニターです。医師やスタッフが音で患者さまの状態を把握できるため、検査中に目が離せないような状態でも安全に検査を行えます。

炭酸ガス送気装置

送気において空気の代わりに二酸化炭素を用いる装置です。二酸化炭素は空気よりも胃腸の壁から素早く吸収されやすく、また呼吸によって体外に排泄されるので、検査後の腹部膨満感・不快感をやわらげます。

高周波焼灼電源装置 アムコ社製

主に大腸ポリープを切除する際に使用します。切除の大きさや形によって細かい設定が可能で安全に内視鏡手術を行えます。

その他、トップ医療器具メーカーの「内視鏡洗浄消毒装置」「超音波洗浄機」「高圧蒸気滅菌器」を導入し、安心して検査を受けていただけけるよう徹底した衛生管理を行っています。

  • クリニックブログ
  • bottom02.png
092-919-5360