当院について

患者さま一人ひとりに親身に対応します。

初めての方へ

「おにつかクリニック」の立地は、太宰府天満宮の南西。院長の地元大宰府の地域医療に貢献したいとの思いから2016年10月に開院したクリニックです。

当院は、内科医療として幅広い疾患に対応することができ、なかでも内視鏡検査を得意としております。今回の開院にあたり、患者さまに負担の少ない最新鋭の内視鏡検査システムを導入するとともに、大腸内視鏡検査に関しては専用個室も完備するなど、常に快適な診療を心掛けています。

風邪などの身近な疾患から、患者さまにとって不安の多い内視鏡検査、生活習慣病に関する悩みまで、安心しておまかせいただければと思います。内科的な不調を感じになりましたら、どうぞ気軽にご来院ください。

当クリニックの特徴

1.一人ひとりに合わせた丁寧な診察

当院の院長は、複数の基幹病院に内科医として長年勤務し、さらに、大企業の産業医として数千人の勤務者の健康管理を担当した経験もあります。内科疾患の検査・治療はもちろん、病気予防や健康管理のアドバイスにも力を入れ、親身になって丁寧に診察いたします。

2.痛くない苦しくない内視鏡検査

大量の下剤を飲み、何度もトイレへ通う必要がある前処置の大変さと検査のデリケートさから、抵抗を感じる方が多い大腸内視鏡検査。そのストレスを少しでも軽減するために、全3室の専用個室をご用意しました。各部屋に専用トイレのほか、ソファやテレビも設置してあり、付き添いの方も一緒に過ごせるゆとりの広さです。

3.患者さまに配慮した明るく快適な施設

開院にあたっては、建築士と何度も話し合い、患者さまが快適に過ごせるよう工夫いたしました。院内はすべてバリアフリーで、車椅子でも通りやすいつくりとなっています。受付・待合室は天井が高く開放感にあふれ、病院にいることを忘れさせてくれる温かみのある空間を目指しました。

院長ご挨拶

笑顔のスタッフとともに、患者さまにご安心いただける、
思いやりのある医療を目指します。

おにつかクリニックのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。院長の鬼塚良です。

複数の基幹病院で勤務医として経験を重ね、この度、太宰府市五条駅のほど近くにクリニックを開院いたしました。子どもの頃から私自身がお世話になったこの地に、地域医療を通して恩返しをさせていただくつもりで、毎日の診療にあたりたいと考えております。

現代の医療は、細分化が進んでいます。各科が専門的に高度な治療を行えるようになってきている一方、気になる症状がありながら何科を受診していいのかわからない方や、「自分の専門ではない」と断られてしまい、お困りになっている患者さまがたくさんいらっしゃいます。

私自身、患者さまとさまざまなお話をするうちに、そのようなご相談を直接、数多く受けるようになりました。そして、昔ながらの町医者のように、「自分の専門だけでなく、幅広い知識を持ち、さまざまな疾患に対応できる医師」が今の時代でも望まれているということを強く感じました。当院は、患者さまのその願いを叶える、地域にとってなくてはならない医院でありたいと考えています。

また、たとえ自分の専門外であっても、お困りの患者さまをしっかり診てくださる適切な医療機関や診療科を探し、紹介し、適切な治療が行われたことを確認することも「かかりつけ医」の大切な役目だと感じております。

笑顔でお迎えするスタッフとともに、「ここに来れば安心だ」と患者さまに思っていただける、温かなクリニックを目指します。どうぞ末永く、よろしくお願いいたします。

おにつかクリニック院長 鬼塚良

院長経歴

鬼塚 良(おにつか りょう)

生年月日:昭和51年9月1日 39歳
勤務先:産業医科大学若松病院消化器内科 役職:助教

学歴

  • 久留米大学附設高等学校 卒業
  • 産業医科大学医学部

免許・資格

  • 産業医学ディプロマ
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医
  • 日本消化器病学会認定消化器病専門医
  • 日本肝臓学会認定肝臓専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

医院紹介

院名 おにつかクリニック
院長 鬼塚良
所在地 〒818-0125 福岡県太宰府市五条2丁目23-3
TEL 092-919-5360
アクセス 電車:西鉄太宰府線「西鉄五条」駅より徒歩約4分
お車:九州自動車道「太宰府IC」・福岡都市高速道路「水城IC」より車で約6分
駐車場 15台
提携先病院 済生会病院、福岡大学筑紫病院など
 日・祝
9:00〜12:00
14:00〜18:00

※休診日:日・祝

院内設備

受付・待合室

天井にはシーリングファンがゆったりと回り、心和むナチュラルな木目が印象的。病院ならではの緊張感を感じることなく、喫茶店でくつろいでいるかのように過ごせる空間です。

診察室

一般的な医療用ベッドの診察室と、ベッドに移動することなくリクライニングソファに座ったまま診察を受けていただける診察室の、2タイプをご用意しています。

点滴室

ベッドとベッドの間はカーテンではなく、きちんとした、しかし圧迫感のない仕切りを設けてプライバシーに配慮しています。リラックスした気分で点滴を受けていただけます。

レントゲン室

診察室のすぐ隣にあり、移動もしやすくなっています。

トイレ

車椅子の方でも使用しやすい、段差がなく広々としたバリアフリー設計です。

大腸内視鏡検査個室(リラックスルーム)

各々専用のトイレ、ソファ、テレビ付きで3部屋を完備しています。付き添いの方も一緒に過ごしていただける広さです。

特殊な医療機器

IMUNO(イムノ) Ag1 (高感度インフルエンザ検査機器)

インフルエンザなど、さまざまな風邪症候群を検査することのできる医療機器です。従来からの検査では、発熱してもすぐに陽性と診断するのは困難でしたが、「IMUNO Ag1」は陽性ウイルスの存在を高感度に自動判定するので、目視による誤診を未然に防ぐことができます。

C@RNACORE(カルナコア) +DIP (レントゲン検査機器)

短時間に骨塩量を測定することのできる高性能な医療用デジタルワークステーションです。骨塩量とは、カルシウムやリンなど骨の中のミネラル成分のことで、これを測定することで骨粗鬆(しょう)症などの診断・治療に役立ちます。結果はわずか5秒程度で示され、スムーズに検査を行うことができます。

  • クリニックブログ
  • bottom02.png
092-919-5360